【腰痛の原因と改善方法】辛い腰痛を改善したい方へ

腰痛で悩んでいる人は、日本全国に3000万人いると推計されています。
日本整形外科学会

この記事を読んでいるあなたも辛い腰痛で悩まされているのではないでしょうか?
今回はその腰痛の原因と改善方法を解説します。
対策の部分では、腰痛を改善する具体的な方法を書いておりますので最後まで読んでくださると嬉しいです。

この記事はこんな人にオススメ
・腰痛で悩んでいて自分でなんとかしたい
・病院や整体を複数受診したけど腰痛の原因がわからない

目次

  1. 腰痛の原因
    ・腰痛で悩む日本人は3000万人
    ・腰痛は、85%が原因不明
  2. 腰痛の改善方法
    ・”安静にする”は間違い
    ・おすすめの運動はピラティス

 

1.腰痛の原因

腰痛で悩む日本人は3000万人
全人口の4人に1人が腰痛で悩んでいるもしくは、悩んでいた経験があります。
2年に1度行われる厚労省の調査によると腰痛は有訴者率の首位を保ち続けているとのデータもあるくらいですから腰痛は、国民病といっても過言ではないですね。
男女差では、女性の割合の方が多いというデータがあります。
女性の方が筋力が弱い傾向にあること、出産の経験による骨盤周辺に負荷がかかったことなどが関係していると私は考えます。

腰痛は、85%が原因不明
日本整形外科学会によると、腰痛の85%は、原因不明と報告されている。

原因がはっきりしている腰痛とは、
・腰椎椎間板ヘルニア
・脊柱管狭窄症
骨粗しょう症
などの画像検査などでわかる器質的な異常によるもののことをさします。

原因不明の腰痛に悩まされる日本人はなんと”2500万人”もいる。
「原因不明なんて言われたら諦めるしかないの?」
と嘆きの声が聞こえてきそうですが、安心してください。
原因がよくわからない腰痛の原因は、
・脊椎の不具合(骨のズレなど)
・脳機能の不具合(ストレスなど)
の2つにわけられます。

この2つの不具合を改善したら腰痛を改善できるということになります。

 

2.腰痛の改善方法

”安静にする”は間違い
腰痛を治そうと思って休みの日は横になって腰を休めていませんか?
これは、間違いです。
急激に痛くなるぎっくり腰で炎症が起きている真っただ中なら別の話ですが、慢性的に抱えている腰痛は積極的に運動して改善させる方法をおすすめします。
”腰痛学会の自然経過はどのようであるか”では、
・急性腰痛患者の自然経過は、自然軽快を示すことが多く、概ね良好である。
・慢性腰痛患者の自然経過は、急性疾患に比べて不良である。
慢性腰痛の方が改善しにくいということですね。

さきほども述べたように正しく運動すると、慢性腰痛は改善にむかいます。

おすすめの運動はピラティス

ピラティスとは、簡単に言うとリハビリ目的の体幹レーニングです。
発祥は第二次世界大戦時代です。
兵士が戦争で負傷した身体をリハビリする為に開発されました。

私は、ピラティスインストラクターの資格を活かして慢性腰痛で悩む方々にたくさん指導してきました。
ピラティスの魅力は、ウェイトトレーニングのようなマッチョなトレーニングではなく、誰でもできるレベルのトレーニングであることです。
日本のピラティス人口は約5万人です。
ピラティスの普及率は、今グングン伸びていて習い事ランキングの1位2位を争うなんてデータも見た事があります。

ピラティスにチャレンジするなら
youtubeで検索
・リアルレッスン
・オンラインレッスン
の3択が主な選択肢です。

まずは、youtubeでやってみるといいのではないでしょうか?
youtubeでやることのデメリットは、正しい動きかどうかわからないことが挙げられます。その問題を解決してくれるのは、オンラインレッスンですね。
正しい動きをインストラクターが指導してくれます。

僕の動画も一応載せておきますので、興味ある方はチャレンジしてみてください。